backPhotoMiyazakiのページ  back宮崎神宮のページへ戻る

宮崎神宮神武大祭 神武さまの写真(平成19年度・2007年)

 (ページ末に平成19年以外の当サイト内、神武さま関連ページのリンクを記載しております。あわせてご覧ください。)

宮崎の秋の風物詩・平成19年度の神武様 御神幸行列・御神賑行列の写真を一部掲載

「神武さま」の愛称で親しまれている神武天皇を祀る宮崎神宮の神武大祭御振幸行列・御神賑行列の写真です。

10月26日が宮崎神宮の本宮祭、その週の土日に神武大祭(神武さま)は行われるので通常は10月最終もしくは11月最初の土日に行われる。
御鳳董を中心に、列太鼓・大麻・御獅子・鉄杖・大真榊・御しもと・神饌唐櫃・筒太鼓・筒鉦鼓・女稚児・御楯.御鉾・御靱・御弓・御太刀・錦旗等が先導行列を組み、賓銭唐櫃・呉床・神馬・紫御翳・御錦蓋・御菅蓋・男稚児・流鏑馬射手等とつづく、古風で荘厳な神杜行列の後には、シャンシャン馬や地域の各団体の踊りなどの神賑行列がにぎやかに祭りをもりあげます。
古式ゆかしい、この伝統を受け継ぎ賑やかにくりひろげられるこの神幸・神賑行列は宮崎の秋の風物詩ともなっています。  

現在の秋祭りの歴史について

(株)おうふう社発行の「祭礼行事 宮崎県」 編者 高橋秀雄・山口保明 には
「現在の秋祭りは明治13年(1780年)氏子より神幸渡御の儀が願い出られて以来、少しずつ形が整えられ、明治40年(1909年)有職故実研究の佐伯有義(掌典)の指導を受け、新しい鳳輩も到着して今日の神幸祭の形態が整えられた。これには、石清水八幡宮の男山祭が参考にされたという。」 と記載されている。

平成19年度(2007年)神武さま御神幸・御神賑行列の日程

平成19年10月27日(土) 13時〜16時 往路 (宮崎神宮→瀬頭御旅所)
平成19年10月28日(日) 13時〜16時 復路 (瀬頭御旅所→宮崎神宮)

下記参加人数のデーターは 宮崎商工会のページより引用

御神幸行列 宮崎神宮主管 約820名
 獅子舞・御鳳輩(御神輿)・男女稚児行列(約100名) 流鏑馬行列(68名)・子供みこし(160名)

御神賑行列 宮崎商工会議所主管 約600名
ミス・シャンシャン馬(6頭)(約60名) 古代船「おきよ丸」船上24名 こぎ手20名  秋・よみがえる古代(古代服での行列)(約130名) 日向木剣おどり(約100名)日向ひょっとこ踊り(25名) 山之口 弥五郎どん(120名)JC・こども太鼓(約100名)

祭りに参加されてらっしゃる方の写真掲載は問題ないであろうとは思いましたが、あまりお顔がアップにならないよう、拡大画像はサイズ調整しました。特に、お子様の顔の写った写真等は結構控えめサイズにしました。

神武さま御神幸行列・御神賑行列の写真

[一部の画像はクリックすると拡大します。]


獅子舞

要所・要所(江平五差路・デパート前交差点等)で獅子舞いが舞います。
獅子に頭を噛んでもらうと病気をしないとかで、デパート前交差点ではその順番待ちが行列となっておりました。
御神幸・御神賑行列は道中どこで見る事が出来ますが、獅子舞、その他の演舞、おきよ丸が一周したり等々
他のパフォーマンス含めデパート前交差点が一番の見所見学ポイントです。

宮崎神宮 神武大祭 獅子舞 デパート前交差点


稚児行列

稚児行列も加わる、こども達には距離もあり大変だけど頑張ってます。
平成19年 宮崎神宮大祭(神武さま)の写真 稚児行列 01平成19年 宮崎神宮大祭(神武さま)の写真 稚児行列 02

御鳳輦(ごほうれん) 

黄色い装束の担ぎ手たちによる御鳳輦(ごほうれん) 
御鳳輦(ごほうれん)の下をくぐると縁起がよいそうです。
デパート前交差点等では運がよければ行列の待機時等にくぐらせもらえます。
平成19年 宮崎神宮大祭(神武さま)の写真 御鳳輦(ごほうれん)01   平成19年 宮崎神宮大祭(神武さま)の写真 御鳳輦(ごほうれん)  02 平成19年 宮崎神宮大祭(神武さま)の写真 御鳳輦(ごほうれん)  03
平成19年 宮崎神宮大祭(神武さま)の写真  御鳳輦(ごほうれん) 04


神武こども太鼓

こども達の太鼓も頑張ってます。勇壮です。
平成19年 宮崎神宮大祭(神武さま)の写真 神武こども太鼓 02 平成19年 宮崎神宮大祭(神武さま)の写真 神武こども太鼓 02
平成19年 宮崎神宮大祭(神武さま)の写真 神武こども太鼓 03平成19年 宮崎神宮大祭(神武さま)の写真 神武こども太鼓 04 平成19年 宮崎神宮大祭(神武さま)の写真 JC太鼓 01


御神賑行列の華シャンシャン馬 

シャンシャン馬の由縁
この辺りでは大正の初め頃まで新婚夫婦が宮参りをする風習があり、夫婦は農閑期を利用し、鵜戸神宮へと出掛けた。
初日は宮崎から内海道の駅フェニックスの少し南側)まで歩き、港の宿に1泊。
翌日はサボテンハーブ園(閉園)のあった場所の裏の旧道をたどり、鵜戸神宮境内の宿房に1泊。
3日目は再び七浦七峠を回って内海の宿に戻り、馬をひいて出迎えに来た親類縁者と、打ち上げを兼ねての宴席、というのがおおかたの日程であったそうです。
そして次の朝、晴れ着に着替えた花嫁を飾り立てた馬に乗せ、花婿が手綱を取ってわが家へと向かった。
馬の首に掛けた鈴の音が「シャン♪シャン♪」と鳴った事から「シャンシャン馬」と名づけられたとも言われているそうです。
シャンシャン馬の写真はブログ記事「宮崎神宮大祭(神武大祭)」にも一枚大きな画像があります。

シャンシャン馬 01

平成19年 宮崎神宮大祭(神武さま)の写真 シャンシャン馬  02 平成19年 宮崎神宮大祭(神武さま)の写真 シャンシャン馬  03

平成19年 宮崎神宮大祭(神武さま)の写真 シャンシャン馬 04 平成19年 宮崎神宮大祭(神武さま)の写真 シャンシャン馬 05平成19年 宮崎神宮大祭(神武さま)の写真 シャンシャン馬 06平成19年 宮崎神宮大祭(神武さま)の写真 シャンシャン馬 07

平成19年 宮崎神宮大祭(神武さま)の写真 シャンシャン馬 08平成19年 宮崎神宮大祭(神武さま)の写真 シャンシャン馬 09平成19年 宮崎神宮大祭(神武さま)の写真 シャンシャン馬 10平成19年 宮崎神宮大祭(神武さま)の写真 シャンシャン馬 11


平成19年 宮崎神宮大祭(神武さま)の写真 シャンシャン馬 12 平成19年 宮崎神宮大祭(神武さま)の写真 シャンシャン馬 13平成19年 宮崎神宮大祭(神武さま)の写真 シャンシャン馬 14平成19年 宮崎神宮大祭(神武さま)の写真 シャンシャン馬 15

古代船 おきよ丸

古代船の再現 美々津(宮崎県日向市)から神武天皇が出航したという船を再現した「おきよ丸」
おきよ丸を先導する古代行列には姉妹都市である橿原市(かしはらし)の橿原青年会議所の旗も。
橿原市(かしはらし)と宮崎市は1966年(昭和41年)2月11日(建国記念日)に神武天皇の縁で姉妹都市提携をしています。
平成19年 宮崎神宮大祭(神武さま)の写真 古代船 おきよ丸 01 平成19年 宮崎神宮大祭(神武さま)の写真 古代船 おきよ丸02平成19年 宮崎神宮大祭(神武さま)の写真 古代船 おきよ丸 03

おきよ丸には神武天皇の他に、妃の吾平津姫(あひらつひめ)も乗ってらっしゃるようです。
平成19年 宮崎神宮大祭(神武さま)の写真 古代船 おきよ丸 04平成19年 宮崎神宮大祭(神武さま)の写真 古代船 おきよ丸 05

日向木剣踊り

毎年参加されている日向木剣おどりは一糸乱れず、見ていて気持ちの良い舞いです。
平成19年 宮崎神宮大祭(神武さま)の写真 日向木剣踊り

日向ひょっとこ踊り

すっかりおなじみとなった思わず微笑んでしまうユニークな腰の動きの日向ひょっとこ踊り。
背丈の低いひょっとこはきっとお子様なのでしょう。

関連ページ→ 日向ひょっとこ夏まつり

平成19年 宮崎神宮大祭(神武さま)の写真 日向ひょっとこ踊り 01平成19年 宮崎神宮大祭(神武さま)の写真 日向ひょっとこ踊り 02平成19年 宮崎神宮大祭(神武さま)の写真 日向ひょっとこ踊り 03

平成19年 宮崎神宮大祭(神武さま)の写真 日向ひょっとこ踊り 04 日向ひょっとこ踊り 05 平成19年 宮崎神宮大祭(神武さま)の写真 

山之口弥五郎どん


今年平成19年(2007年)復路にはじめて登場した都城市山之口町の弥五郎どんです。弥五郎どんは隼人族の長。
今から1300年ほど前、南九州に住んでいた「隼人」と呼ばれる一族と当時の大和朝廷(第12代景行天皇の時代)との間ではげしい戦いがくり広げられました。このときの隼人族の長が、大男、弥五郎どんだといわれています。

弥五郎どんは三人兄弟
毎年11月3日に行われる「弥五郎どん祭り」は現在、山之口町の的野正八幡宮、鹿児島県大隅町の岩川八幡神社、日南市の田ノ上八幡神社の三ケ所で行われています。
弥五郎どんは三人兄弟との説もあり、山之口の弥五郎どんは長男(次男が大隅の弥五郎どん。三男が日南の弥五郎どん)と伝えられています。
11月3日iには山之口町で弥五郎どんまつりが開催されます。リンク→弥五郎どん
平成19年 宮崎神宮大祭(神武さま)の写真 山之口弥五郎どん 01平成19年 宮崎神宮大祭(神武さま)の写真 山之口弥五郎どん 02平成19年 宮崎神宮大祭(神武さま)の写真 山之口弥五郎どん 03

JC太鼓

昭和43年行列に初参加して以来37年、トリをつとめるのがJC太鼓です。
参考まで・・JC太鼓の正式名称は「社団法人宮崎青年会議所太鼓同好会」だそうです。

平成19年 宮崎神宮大祭(神武さま)の写真 JC太鼓 02






神武大祭・神武さまの見学場所について

中央分離帯のあるところでは御神幸・御神賑行列は自動車と同じ左側の車線を進行しますので、左側の車線側の歩道が近くて見やすいと思います。つまり一日目は東側(日南方面行き)の車線、二日目は西側(延岡方面行き)の車線です。

経験上、個人的には一日目のデパート前交差点(橘通り三丁目付近)がこの祭りの一番の見学ポイントかと思います。
宮崎神宮を出発して間もなく、観客も一番多いところですので、皆様の動きも大変良いようです。
二日目復路は、写真を撮る方はビルの影が多くなる時間帯ですので、非常に撮り辛い環境となります。

あと・・大淀御旅所の時は、太鼓台や、おきよ丸が市役所前の橘橋への坂道を駆け上が行く姿もなかなか勇壮です。


おすすめ見学ポイント地図 

 (隔年で御旅所が変わり、県庁前/中村交差点は隔年変わりますのでご注意ください。) 
 宮崎神宮 江平五差路(通年)デパート前交差点(通年)県庁西交差点(平成奇数年)中村交差点(偶数年)
 上記交差点では獅子舞奉納や、神輿の練り、踊りなど、行列では見れない見所がたくさんあります。

神武さま広場

例年のように、往路の日、デパート前から宮崎駅までの*高千穂通りは18時から21時30分まで、神武さま広場となり、宮崎市消防団音楽隊、宮崎雅楽会、太鼓の演奏、ひょっとこ踊り、大道芸、街頭紙芝居、.四半的弓道、大綱引大会等々、いろいろな催しが開催されました。今年の夜神楽の舞は、銀鏡神社・江田神社・船引神社・住吉神社・椎葉神楽・岩崎稲荷神社だったようです。 *追記平成20年(2008年)は高千穂通りより、橘通りに変更になりました。
 

 平成17年(2005年)書いたブログ記事→ 宮崎神宮神武大祭
 平成18年(2006年)書いたブログ記事→ 神武さま広場で神楽を
 平成19年(2007年)書いたブログ記事→ 宮崎神宮大祭神武大祭
 平成20年(2008年)の宮崎神宮大祭・神武さまの写真 → 平成20年宮崎神宮大祭・神武さまの写真
 
 平成20年(2008年)のスケジュール等→ 神武さままるわかりガイドより 
 平成20年(2008年)に書いたブログ記事→ 宮崎神宮大祭(神武さま)と平家まつりと西都古墳まつり
 平成21年(2009年)のスケジュール等→ 神武さままるわかりガイドより


宮崎神宮大祭年表 (2012年8月時点でのWikipadiaより引用 最新版はこちらにてご確認を)



2007.11Up

宮崎神宮大祭(宮崎神宮神武大祭) 神武さまの写真(平成19年度・2007年)





【直前予約空室カレンダー情報リンク】直近の空き室状況が一覧で。
直前宿泊予約・九州・宮崎・他


宮崎県のホテル・旅館・民宿・ペンション


宮崎のお祭り関連ページ

師走まつり(美郷町南郷区・1月最後の週末)|ベブがハホ(高原町・2月18日)|早馬まつり(三股町・4月29日)|御田祭(美郷町西郷区・7月第一土日)|六月灯おかげ祭り(都城市・7月8日・9日)|牛越祭 (牛越え祭り)(えびの市 菅原神社・7月28日)|日向ひょっとこ夏祭り(日向市・8月第一金・土)|都井岬火祭り(串間市・8月最後の金・土)|神武大祭(神武さま)(宮崎市・10月or11月)|弥五郎どんまつり(山之口町・11月3日)|西都古墳まつり(西都市・11月第一土日)|宮崎県の一村一祭

PhotoMiyazaki宮崎観光写真 

リンクフリー(ページへのリンクはご自由にどうぞ)
画像の無断転載を禁じます。
-MORIMORI -

Copyright © 2007-2009  MORIMORI All Rights Reserved.

site map